« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月11日 (月)

地元から感じるマーケティングの重要性

スカイツリーがオープンしてから早くも一ケ月弱。

おおよそ人の流れは見えてきました。

私が以前から予想していた通り、

ソラカラタウン内で御客様の回遊は留まり、

周辺近所に足を延ばす事はありません。

百歩譲って・・・

浅草⇔スカイツリーを歩いてみようという方が

言問通りを歩いているくらいでしょうか。

未だ言問通りはこじゃれたお店も出来ていません。

これから進出を狙っている方々、穴場だと思います。
--------------
オープン前、周辺近所はそれはそれは賑わいました。

工事関係者のおかげで昼食屋さんには人が入りました。

工事車両の関係でコインパーキングは常に満車状態。

空き地がどんどんパーキングになりました。

月極駐車場もコインパーキングに変更され、

我々社用車用の駐車場を借りたいユーザーは大いに困りました。

しかし・・・

オープン後、工事関係者はいなくなりました。

観光客はスカイツリーの地下駐車場に車を停めます。

食事はソラカラタウンでとります。

そんな中でもまだまだコインパークングは増えます。

そして新たな飲食店がオープンします。

人通りのないところに高級焼肉店なんかも。。
-------------
近隣状況の変化、そしてターゲットは誰なのか、

マーケティングの基本です。

マーケティングの出来てない町内の様子を見るにつけ、

その重要性を改めて心に刻んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »